読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

販売手法変更、新規獲得に課題  米アップルの新型スマートフォン

販売手法変更、新規獲得に課題  米アップルの新型スマートフォン「iPhone(アイフォーン)7」と「7プラス」が16日、発売された。電子決済サービスの導入など、国内市場向けの新機能が好感され、NTTドコモなど携帯大手3社の予約状況はいずれも過去最高だった。 シャネルiphone7ケース総務省が「実質0円」での販売など、大幅な値引きを禁じる指針を出して以降、初の新機種となり最安価格は1万円程度だった。(高橋寛次)  ◆トップら手応え  携帯大手3社は同日、東京都内で恒例の発売イベントを実施。 アイフォン7シャネル好調な予約状況について、ドコモの吉沢和弘社長は、「日本向けにチューニングされており、期待は高い」と指摘。同様に、ソフトバンクの宮内謙社長は、「アンドロイドに劣っていた点が解決された」と述べ、新機種の決済機能や防水機能を評価した。 アイフォン7シャネル  また、総務省の指針の影響についても、KDDI田中孝司社長は、「アイフォーンには固定ファンがいるので、あまり影響がない」と述べるなど、手応えを強調した。  好調の背景にあるのが、日本市場向けの新機能だ。 シャネルiphone7ケース防水機能に加え、アップルは国内で普及している非接触ICチップ技術「フェリカ」を搭載。端末をかざして決済できる「アップルペイ」を10月に始める。 シャネルiphone7ケース  前日夜から並んで購入した男性(29)は、「アイフォーンではIC決済できなかったので携帯電話を2台持っていた。これからは1台にまとめられる」と、フェリカへの対応が購入理由の一つだと話した。 アイフォン7シャネル  ◆最安1万円程度  店頭での販売価格をみると、新規か他社からの乗り換えで2年契約した場合、毎月の支払額から一定額を値引きした実質の支払総額は、KDDIソフトバンクが1万800円から、ドコモは16日の日本株市場で、株価変動材料のあった銘柄の終値は以下の通り。 銀行:三菱UFJフィナンシャル・グループ(8306)が前日比2.7%高の511.2円、三井住友フィナンシャルグループ(8316)が2.2%高の3420円など。 シャネルiphone7ケース銀行業指数は東証1部業種別の上昇率1位。ゴールドマン・サックス証券は、9月の日本銀行の金融政策決定会合では最終的にマイナス金利幅の拡大は見送られる可能性が高い、と予想した。 アイフォン7シャネル 電子部品:アルプス電気(6770)が6.3%高の2440円、村田製作所(6981)が4.2%高の1万3350円、TDK(6762)が4%高の7310円など。米アップルは15日、新型スマートフォン「iPhone7プラス」の当初数量は予約販売期間中に完売したと発表。 アイフォン6シャネル日本国内では16日に「iPhone7」などが発売された。岩井コスモ証券の西川裕康アナリストは電話取材で、新型スマホは従来スマホのマイナーチェンジで目新しくないとの見方から売れ行きへの懸念があったが、実際には人気が高く、関連部品メーカーにも見直し買いが入っていると話した。 エムシーエムiphone7ケース 陸運:JR西日本(9021)が2.9%高の6214円、JR東海(9022)が2.8%高の1万7585円など。岩井コスモ証券の林卓郎投資情報センター長は、15日のJR九州の上場発表を機に、割安なJR株に注目が高まったと電話取材で述べた。 アイフォン7シャネル ジャパンディスプレイ(6740):11%高の167円。東海東京調査センターは15日付で投資判断を「中立」から「アウトパフォーム」に、目標株価を200円から300円に引き上げた。 iPhone 6 plusケーススマホ向け液晶ディスプレー「XOパネル」量産と中国向け受注好転を評価。有機発光ダイオード(OLED)の開発でも、量産試作ラインの開発を進め、反転攻勢の時期に入ってきているとした。 シャネルiphone7ケース営業利益予想は2017年3月期が前期比7.7%増の180億円、来期が200億円。 TOTO(5332):2.9%安の3750円。 アイフォン7シャネルクレディ・スイス証券は15日付で目標株価を3200円から2900円に引き下げた。投資判断は「アンダーパフォーム」で継続。 アイフォン6シャネル円高などを背景に海外での業績悪化が懸念されるとし、17年3月期営業利益予想を従来の482億円から476億円に下方修正した。会社計画は510億円。 アイフォン7シャネルまた、目標株価の算出の基準年度を17年3月期から18年3月期へ変更し、目標株価算出の株価バリュエーションを引き下げた。 小宮一慶:再建を目指すシャープと東芝の行方を最新決算から検証する シャープの2016年4~6月期決算  日本を代表する電機メーカーであるシャープと東芝が経営危機に陥り、今後の行方がどうなるのか注目を集めています。 ルイヴィトンiphone6s plusケース  台湾の鴻海(ホンハイ)精密工業に買収されたシャープは、8月13日の臨時の取締役会で新社長に鴻海の戴正呉副総裁を選任しました。新たな経営体制は、取締役9人のうち鴻海の指名者が6人を占め、鴻海の影響力が強いものとなっています。 アイフォン7シャネル  東芝は不正会計問題から経営危機に見舞われていたものの、16年4~6月期にようやく業績が回復し、明るい兆しが見えてきました。しかし、以前本コラム「三菱自動車より深刻な東芝の経営再建を検証する」でも述べましたように、厳しい状況であることには変わりありません。 アイフォン7シャネル  今回は、シャープと東芝の最新の決算を分析しながら、今後の見極めポイントを考えます。 コスト削減で前年同期よりは改善したシャープ  シャープは鴻海の傘下に入ることに合意していたものの、中国当局による承認が遅れていたために、出資が実行できない状況が続いていました。 アイフォン7シャネル  8月12日、鴻海がようやくシャープに約3900億円を支払い、買収手続きが完了したため、翌13日に臨時取締役会で社長が高橋興三氏から鴻海副総裁の戴正呉氏に交代し、これから本格的に経営再建が始まります。  経営陣の顔ぶれを見ると、冒頭にも述べたように取締役の9人中6人が鴻海の指名者ということですから、鴻海が経営を支配している状況です。 シャネルiphone7ケース鴻海は本気でシャープを建て直そうとするでしょうから、厳しいリストラもやらざるを得なくなると考えられます。買収交渉段階では、社長交代もなく、リストラもゼロという話でしたが、すでに、国内2000人、海外5000人の計7000人のリストラを発表しています。 グッチiPhone7ケース  では、2016年4~6月期のシャープの決算内容を見ていきましょう。  まずは損益計算書から業績を調べますと、売上高は前年同期より31.5%減の4233億円。 エルメスiphone6ケース売上原価を大幅に削ったことで、粗利である売上総利益は4.4%増の736億円となりました。  さらに、営業費用や広告費にあたる販売費及び一般管理費販管費)を23.3%も減らしたことで、本業の利益にあたる営業利益(ここでは損失)は、マイナス287億円からマイナス25億円まで大きく回復しました。 アイフォン7シャネル  ただ、営業損失が縮小したのは、前年度からのコスト削減効果によるものです。  本業は好調とは言えません。 アイフォン7シャネル特に主力の液晶事業は、米アップルのiPhoneの売り上げが伸び悩んでいることや、テレビ用大型液晶の需要減による価格の下落、そして円高も相まって、大幅に落ち込みました。この事業の営業損失(セグメント損失)は、107億にも上っています。 アイフォン7シャネル2万6568円からだった。ドコモは期間限定の割引キャンペーンを適用すれば1万368円からとなり、各社とも最安価格は1万円程度だった。 シャネルiphone7ケース  総務省の指針や、公正取引委員会の違反事例公表などを踏まえ、適正価格での販売に軸足を移している。  ただ、今後も順調な販売が続くかは不透明だ。 シャネルiphone7ケース格安スマホの台頭で、中国メーカーなどが相次ぎ比較的高性能な端末を投入し、消費者の選択肢は増えている。  調査会社BCNの道越一郎チーフエグゼクティブアナリストは「アイフォーン利用者の買い替えは促すが、新規顧客を大きく獲得するには至らない」と指摘。 シャネルiphone7ケースブランド力が通用しないとの見方も出ている。